イノベーターDNA診断レポートの概要

イノベーターの資質を診断する

過去に新しいビジネスに成功したイノベーターたちの行動特性を調査した結果、イノベーションは「センス」がある者だけに許されることではないことがわかってきました。 イノベーションの源泉は人とその能力にありますが、イノベーションの実践には適性の有無が存在します。 イノベーターDNA診断は、約70問の設問への回答からイノベーションの推進力となる「発見力」「実行力」「イノベータータイプ」を診断します。

Discovery Skill (発見力)

イノベーターの1つ目の資質は発見力です。 発見力は、質問力、観察力、ネットワーク力、実験力、関連させる力の5つに分解できます。 これらの5つの力は、いわばビジネスチャンスに気づく力です。 レポートでは、それぞれの力の現状と、それらの力を向上させていくための指針が示されます。 既存の業務で発見力が発揮される場面は少ないため「隠れた才能」とされています。


Delivery Skill (実行力)

イノベーターの2つ目の資質は実行力です。 実行力は、分析力、計画力、詳細運用力、自立性の4つの力に分解できる、具体的な行動を持続する力です。 「物事を考える人間は大勢いるが、行動を起こすのはたったひとりだ」というシャルル・ド・ゴールの言葉に あるように、世の中に具体的な変化をもたらすためには、粘り強く行動し続けるためのスキルが必須となります。

イノベータータイプ

発見力と実行力からイノベータータイプが診断されます。 発見力が高いイノベータータイプ、実行力が高いエグゼキュータータイプ、両利きのデベロッパーなど、5つのタイプのどれに当てはまるのかが判定されます。 イノベータータイプを活用すると、不確実性が高い環境下でも高いチームワークが発揮できる強力な組織が設計したり、実効性の高いトレーニング計画の策定に役立てることができます。


診断の実施と結果の確認

診断は、通常業務には現れない「イノベーターシップ」を被診断者の行動特性から推定するために用意された約70問の設問から構成されます。 また、英語版とあわせて活用することでグローバルに同じ指標で比較・調査できます。

12ページにわたる詳細な診断結果はPDFで出力され、回答直後からオンラインで閲覧することができます。 また、発見力と実行力の強化を手助けするワークブックもあわせてダウンロードすることができます。

診断結果サンプルをダウンロード