活用事例:イノベーター人材の選抜

社員のイノベーターの資質を把握する

あらゆる業界・業種で持続的イノベーション・破壊的イノベーションへの取り組みが行われる時代となりました。そうした状況下で成果に違いを生むのはメンバーの力です。 しかし、人材のイノベーティブな業務への適正を評価する場合「既存事業における業務評価から、新規事業への適性を見抜くことができないこと」が課題となります。

イノベーターDNA診断を活用することで、そうした課題に対応し、適切な人材をアサインできないことによるビジネス機会損失リスクに備えることができます

イノベーター人材の選抜への活用事例

イノベーターDNA診断は、以下のような現場で活用されています。

  • 新規事業適正を持った社内人材プールの整備のため
  • 不確実性の高まる市場環境下におけるリーダー候補の把握のため
  • 新規採用時のミスマッチ削減のため