活用事例: イノベーション能力開発

イノベーターの資質を身につける

イノベーターは自らの発見力と実行力で時代の流れと課題の本質を正確に捉え、これまでにない仕組みを構築しなくてはいけません。

イノベーターDNA診断は、世界中のイノベーターのベンチマーク結果との比較からイノベーターの資質を正確に診断にします。

「発見力」は5つの力の総合力、「実行力」は4つの力の総合力として現れます。 診断結果は、それらの9つの力の分析に基づく受診者の強み・弱みと共に、イノベーターの資質を高めていくための詳細な指針を示します。

「実行力」は既存ビジネスの業務経験によっても磨かれてる一方、「発見力」はその特性上既存ビジネスの業務経験を通じて身につけることは困難です。 「実行力」が高い社員を特定し、ワークショップやコーチングなどによって「発見力」育成のフォローを行うことで、社内にイノベーションリーダーを育成することも可能です。

能力開発への活用事例

イノベーターDNA診断は、以下のような現場で活用されています。

  • イノベーター育成における教育プログラムの効果測定として
  • イノベーションのスキルを育むためメンタリングの基礎資料として